ヘアセットの練習しててふと思い出した | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



ヘアセットの練習しててふと思い出した

      2017/03/15

Pocket

 

 

ヘアセットの練習。

 

 

 

 

 

 

そういえば僕「ヘアセット」って一番苦手でした。

 

美容師になった時はコテやアイロンの電源のつけ方もわからないレベルで

セットどころか「ただ巻く」こともできなかった。

 

じゃけぇ嫌いでした。

 

 

 

スタイリストになってからも正直その意識は変わらずで、

「ヘアセットは苦手なんですよねー」

なんて平気でお客様にも言ってた。

 

 

ヘアセットできなくてもスタイリストできるしって。

 

 

 

 

 

 

そんな時に、僕の担当させていただいてるお客様が

別のお店でヘアセットをした時の写真を見せてもらったんです。

 

 

すごく綺麗だったし、ヘアセットもめちゃくちゃ似合ってた。

 

それ見て思ったんですよ。

 

 

『ヘアセットできなくてもスタイリストできるって?……なんてカッコ悪いんだ』と。

 

 

「ヘアセットができる」上で「しない」という選択をすることはその美容師の自由だと思う。

 

でも苦手を理由にして練習もろくにせず、できないから「しない」なんてプロと言えるのか?

 

 

マジでダサいよ俺

 

って気づいた瞬間でした。

 

 

 

 

そこからは猛練習しました。

朝も夜も自店で練習して、セミナーにも参加して、オーナーにも教えてもらって。

 

ピンの止め方、巻き方、一束の結び方、アレンジの仕方…..etc

 

そうしてある程度自分の作りたいものが形にできるようになった頃に

僕の中である変化が生まれた。

 

 

『ヘアセットめっちゃ楽しいじゃん』って。

(単純なんすよ僕w)

 

結局

「できない」から「苦手」「嫌い」になってただけで

「できる」ようになると「楽しく」なった。

 

 

 

 

 

 

アレンジやヘアセットをお客様にさせていただく中で、

たくさんの「ありがとう」の言葉をいただいてます。

 

 

任せていただけることが本当に嬉しいし、

「こちらこそ、させていただけてありがとうございます」

といつも思う。

 

 

あれだけ苦手だったヘアセットが、

今は自分の【武器】になった。

 

 

 

でも、

まだまだ発展途上なんすよ。もっと上手くなりたいんすよ。

 

 

じゃぁどうするか。

いつも後輩に言ってます。

 

上手くなりたいなら

 

練習あるのみ!!

 

 

これしかありませんね。

 

楽しんでいきたいと思います。

 

 - コラム