うおぉぉ合格じゃー! | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



うおぉぉ合格じゃー!

      2017/03/17

Pocket

 

 

先日は休みを利用してアシスタントのカットの検定をしました。

 

 

 

 

 

先月に続き【宝塚店アシスタント肥後】君のカットチェック。

 

かなり練習したんでしょう。

カットの技術はもちろん、切るときの姿勢もとても綺麗になってた。

 

 

結果は合格です。

 

 

 

 

 

本人はもちろんすごく嬉しそうにしてたんですが、

一緒くらい僕も嬉しい。

 

やはり「不合格」と伝える事ほど言いにくいことはない。

どれだけ練習してきたか、どれほどそこに自分の時間を費やしたか。

 

その頑張りがわかるからこそ、検定に落ちたときの気持ちがわかるからこそ、

 

「もぅ一回」って伝えることは講師側も心が痛むんです。

 

 

 

 

でも、甘やかすわけにもいかない。

 

 

誰でも簡単に習得できるような技術なら、

美容師なんて価値がなくなってしまう。

 

寝る時間やプライベートの時間を削ってでも「プロ」になるために練習をする。

そうして得た技術に僕は「誇り」を持っている。

 

もちろん僕自身もまだまだ発展途上なんですが、

このカットカリキュラムにおいてもただのトップダウンではなく

 

教えることによって

僕は「話し方」「伝え方」などの、コミュニケーション能力を

アシスタントは「技術」や「人の話をよく聞き理解する」と言った部分を、

 

お互いが高めあえるような関係であることがいいと思っています。

 

 

 

今回は気持ちよく

「合格」と伝えることができました。

 

 

 

なんか最後に彼から

「やっと受かれました。ほんとご迷惑ばかりかけてすみません。」

 

と言われたんだが、

正直「??????」でした。

 

そもそも迷惑なんて1ミリも思っちゃいない。

 

別に教えることが義務だから。とかではなく

 

僕自身「教える」という部分において

反省の連続であったし、もっとそういった所の「スキル」が高ければ

もっと早く今の場所まで導けたんじゃないかと思う。

 

こういった経験をさせてもらえたことに、

彼にはとても感謝してます。

 

 

カリキュラムの関係上、

僕が直接彼に技術を教えることはこれが最後になるんですが、

 

「スタイリスト」になって彼が活躍するのがとても楽しみです。

 

 

次のスタイルも頑張れ!肥後君!!

 

 

 - ブログ