ラストスパート | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



ラストスパート

   

Pocket

 

 

専属アシスタント「川本」のパーマモデルを見ていたのですが、

 

ふと気づいた。

 

 

 

 

 

 

最近「パーマ苦手なんです」とか「パーマ嫌いです」って

聞かなくなったなと。

 

 

まぁスタイリストを目前にして

そんなことを言っていてもダメなんですが、

あまり弱気な言葉を発しなくなった。

 

 

多分、スタイリストとしての自覚が出てきたとか

そんなんじゃなくて

 

 

シンプルに「慣れ」てきたんだと思う。

 

落ち着いて考える「余裕」ができてきたのかな?と。

 

 

カウンセリングの時間や施術の時間なんかも早くなった。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、どんなに余裕ができたからと言って

モデル様の希望通りのスタイルが作れるかどうかは

また別の話なってくるのですが、

 

 

アタフタしてるところをみることはなくなった。

 

 

 

 

 

 

パーマモデルも規定の人数をクリアして

試験を受けてもらうのですが

 

 

今回合格してくれました。

 

 

あとはカットのチェックをクリアすれば

晴れてスタイリストです。

 

 

川本と肩を並べてカットをする時を楽しみにしていたけど、

 

それは叶いそうにありませんが、

 

 

僕が在籍する間に

 

是非とも「専属アシスタント」ではなく「スタイリスト川本」

 

をみたいですね。

 

 

こうして一緒に働ける時間は少なくなってきていますが

 

専属として約1年半手伝ってもらったので、

そんな姿を期待してしまいます。

 

 

楽しみです。

 

 

 

 

さ、

 

 

川本のスタイリストになるための最後の壁として

心を鬼にして立ちはだかろうと思います。

 

 

 - ブログ