これを楽しみに帰省してます | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



これを楽しみに帰省してます

   

Pocket

 

おせち料理。

最高の贅沢ですね。

 

 

毎年、母が作ってくれます。

 

近年おせち料理は「作る」より「買う」ものになりつつあるのかなと感じています。

背景は色々あると思うのですが

・そもそも忙しくて作る時間がない。

・作っても子供が食べない。

・買ったほうが早いし豪華。

など、よく聞きます。

購入するおせち料理はとてもクオリティ高く、一度頼むと二度と自分では作れないと。

一度食べて見たいなと思いつつも

 

実は毎年ドキドキしています。

今年は「母」の味なのか、「プロ」の味なのか。

 

ありがたいことに、2017年は慣れ親しんだ「母の味」でスタートできました。

嬉しいですね。感謝しかありません。

 

 

必ず入っているこいつも。

くわい。

僕の地元福山が日本の生産量の8割を作ってるみたいです。

 

こうして並んだおせち料理を見ていると感じることがあります。

 

種類減ったな。

 

クレームではありませんよw

「子どもが食べないものは削減する」ということでしょう。

昆布巻きなど当分見ていません。

 

そして必ず一緒に出てくるのが

 

 

お雑煮。

実家は白味噌です。

広島は本来お澄ましみたいですが、父親の希望で白味噌で作るようになり、以後うちの家庭はずっとこれです。

大根・人参・里芋・ごぼう・鶏肉・トロトロのお餅。

ほんと美味しくて毎年楽しみで仕方ありません。

 

なんですが、今年は衝撃的なものが入っていました

 

 

 

たこww

 

なんでやねんwww

 

これは突っ込まずにはいられません。

母のことが30年生きてきて、未だよくわかっていません。

切り口がとても斬新です。

 

が、これでこそ僕の母親です。

 

 

久しぶりの一家団欒を経て、充電完了です。

今年も頑張れそうです。

 

改めて

皆様。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

神戸へ帰還します。

 

 - ブログ