家族旅行1日目【大阪〜和歌山】 | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



家族旅行1日目前編【大阪〜和歌山】

      2017/05/15

Pocket

 

 

母親とばぁちゃんと妹と僕の4人で温泉旅行にきてます。

 

美容師になって母親とゆっくり旅行なんてした覚えはありません。

 

今回は独立準備の為、休暇中という千載一遇のチャンスを得たので、

10年分の親孝行をしようと思い旅行を計画しました。

 

ちょうど母の日だし。

 

 

なかなかこんな機会はないので

母親が行きたいところに連れて行ってあげようと思い、聞きました。

 

「どこか行きたいところある?国内で」

 

僕は北海道とか、沖縄とか、滅多に行くことができないような場所を指定されるのかと思いドキドキしてました。

 

すると嬉しそうに答えてくれた。

 

「お母さん、海の見える温泉とあべのハルカスに行ってみたい」と。

 

 

 

 

あべの……….

 

 

 

 

ハルカス……….だと……….

 

 

 

 

m(._.)m

 

 

ま、まぁいいでしょう。

 

海の見える温泉は和歌山にある温泉に決まりました。

 

 

 

(荷物持ち)

 

 

ということで、まさかの集合場所「梅田」。

 

 

いいんだ。…..別に全然いいんだ。

 

僕の目的は「母親の行きたいところに行く」じゃけぇどんなに近くたって問題はない。

 

 

 

 

 

あべのハルカス。

 

 

これは…..旅行なのか…..と若干自問自答をする。

 

 

 

 

 

でも母親もばぁちゃんも楽しそうにしていたのでいいでしょう。

 

もしかすると母親からするとどこに行くのか?ではなく

誰と行くのか?が大事であり、場所なんてどこでもよかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

親子三世代。

ばぁちゃんが一番楽しそうです。

 

僕も妹もばぁちゃんには甘え倒した人生を送っていて、

どんな時も僕たち孫の味方でいてくれました。

お年玉もたくさんくれた。

 

こうしてばぁちゃん孝行ができることも、僕としてはすごく嬉しい。

 

 

そんなばぁちゃんは写真に映る自分の顔がシワだらけで嫌みたい。

 

「私も若い時はもっと可愛かった」

 

っておもむろに20歳の頃の写真を財布から取り出した。

 

 

 

 

おお。

当たり前じゃけどばぁちゃんにも20歳の頃はある。

 

「ね?シワもないし可愛いじゃろ?」って。

 

もちろんこの時も可愛いけど、

 

 

 

ばぁちゃん……….

 

 

 

 

今はもっと可愛いよ。

 

 

 

 

その後は

母親が行きたいって言ってたハルカスの展望台にも行きました。

 

 

 

 

僕はパインアメソフトクリームを食べる。

 

 

 

 

ばぁちゃんはストロベリージュースを

美味しそうにチューチュー飲んでる。

 

 

というか、母親足が悪いのに杖も持たずに広島から遠路はるばるやって来た。

車椅子にも座りたくないみたい。

いつもなら座ってもらうところじゃけど、今回は母親の意志を尊重することにしました。

 

 

でも体調を崩してもせっかくの旅行が楽しくなくなってしまうので、

 

予定では、次は住吉大社に行きたかったみたいなんじゃけど、

大事を取ってこのまま和歌山に向かうことになりました。

 

 

 

 

 

電車に揺られること2時間。

 

何気に初めて来る和歌山に上陸。

 

 

 

 

記事がめっちゃ長くなりそうなので、

続きは家族旅行1日目後編【温泉】に続きます。

 

 

 - プライベート