家族旅行1日目後編【温泉】 | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



家族旅行1日目後編【温泉】

   

Pocket

 

 

家族旅行1日目の前半を終え

 

和歌山へ上陸し、そのまま旅館へ向かいました。

 

母親たちは

「沈む夕日を眺めながら温泉に入りたい」

と言っていたのですが、なんとか間に合いました。

 

 

 

 

荷物だけおろして、

 

ご飯の時間が19時だと聞いていたので、

母親たちは「それまでには帰って来る」と言葉だけを残し

 

バタバタと温泉へと消えて行きました。

 

嫌な予感しかしなかったけど、僕は少し休憩を。

 

 

 

 

時刻は19時になり、先に一人着席していたのですが……

 

 

 

 

 

 

……….

 

 

 

……….

 

 

 

 

 

やっぱりな。誰もこねーわw

 

なので、

一人でぼーっとしてるとなんか目に飛び込んできた。

 

 

 

 

これは…..

 

オレンジジュース?

 

誰もこないし、こっそり飲むことにしました。

 

 

 

 

 

うふふふふふふふ

 

 

 

 

 

 

…..梅酒でした。

(僕アルコール類が飲めない)

 

 

 

こっそり飲んだのでバチが当たりました。

 

 

 

そんなことしてる間にみんな揃い、続々と料理が運ばれてきた。

 

 

 

 

 

 

 

僕はジンジャエールで乾杯を。

 

料理がめちゃくちゃ美味しかったんですが、

初めて見る食材ばかりで管理栄養士の妹に一つ一つ教えてもらいながら…..

 

「え、お兄ちゃんこれも食べたことないん?w」

「これも知らんのん?w」

「今まで何食べて生きてきたん?www」

「お兄ちゃん恥ずかしいw」

 

と、別に言わなくていい言葉も聞かされながら美味しくいただきました。

 

僕「美容師」をとられると、多分小学生くらいの知識しかありません。

 

 

 

 

でも、こうして家族で一緒にご飯を食べるのはやっぱり楽しいです。

 

年に一回あるかないかじゃけど、

「家族」との時間は何より大切にしたいです。

 

 

 

 

 

 

お腹も心も満たして、僕も楽しみにしていた温泉へ。

 

ここでふと気づいた。

「あ、そうか。温泉は俺一人か。」

 

今回の旅行、メンズは僕だけなので当たり前じゃけど、温泉は一人。

こんなことなら弟も連れて来るべきでした。

 

 

 

 

 

と言うことで、

セクシーショット。

(そんなセクシーでもないけど)

 

 

…..いらないですね。汗

 

 

温泉久しぶりに来たけど、最高の一言。

 

ゆっくりと、自分と向き合う時間になりました。

 

 

その後は、部屋に戻るとみんなも疲れていたのでしょう。

すでにおやすみモードに入っていたので、僕もすぐ寝ました。

 

 

 

〜旅行二日目に続く〜

 

 - プライベート