フリーランス美容師として1ヶ月で感じた事 | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



フリーランス美容師として1ヶ月で感じた事

   

Pocket

 

 

早いものでフリーランス美容師として独立して早1ヶ月が経ちました。

この記事では僕がこの1ヶ月で「フリーランス美容師」という部分において、

感じた事(感じている事)をリアルに書こうと思います。

どちらかというと美容師さん向けに書きます。

 

近年の美容業界を見ていても「フリーランス化」という流れは進んでいるように感じていて、今後もっと増えていくように思います。

お店のネームバリューだけでは難しく、一個人に焦点を当てた「本物」しか生き残ることのできない戦国時代に突入しているように感じます。

まぁこれは今に始まったことではないかもしれませんが。

 

フリーランス美容師って実際どうなんだろ?って思ってる方の一つの情報になればいいなと思うので、「時間」「働き方」「収入」も含めて「できるようになった事」「できなくなった事」など、できるだけ具体的に書きます。

 

よければ参考にしてみてください。

 

 

・時間に拘束されない

時間は自由です。想像してた以上に自由。完全予約制でしていてご予約のない時間は何しててもいいです。練習してもいいし、ブログ書いてもいいし、本読んだっていいし、別に帰ってもいい。

 

出勤時間もご予約の入っている時間から出勤すればいいので、お昼からなのであれば朝はゆっくりできます。

お昼も時間が空いているなら近くのカフェでブレイクをすることも可能。

夜も早く終われば帰ってドラマも見れます。

 

雇われているときの、自分のお客様のご予約が入っていないのに営業時間みっちりお店にいないといけない。ということもなければ、営業後、後輩の練習を見ないといけない。ということもありません。

働いてるのに「毎日休み」みたいな感覚です。

 

朝礼や終礼、ミーティングも何もありません。

 

ただ、じゃぁお店にはお客様がいるとき以外出なくていいのか?となると違います。(もちろん出ないという選択もできるんだけど…..)

電話もなるし、飛び込みでお客様が来られることもあります。

なので正確に言うと、「完全に時間が自由」なのではなく「自由な時間を自分の意思で作ることができる」が正解なような気がします。

 

・人間関係からの解放

全てのことを一人でするので人と人との間に生まれる摩擦がありません。

これは僕の経験上ですが、大抵の悩み事は「人」でした。

相談されることもほとんどが「対人関係の悩み」が多く、それは仕事上の上司・後輩だったり、家族、恋愛なども含めてやはり「人」。

 

人間関係から解放されたことで、そこから生まれる「悩み」や「ストレス」が降りかかって来ず、精神的に楽です。

 

・マンツーマン施術

基本的にフリーランスは「マンツーマン」が主なスタイルになるので、シャンプーからカットはもちろん、カラー塗布、ブロー、仕上げまで一人でさせていただきます。

なのでアシスタントやスタッフにお願いした時に生まれる「技術の差」がなく、技術、接客等でムラなく常にクオリティを高めることができます。

また2人、3人と同時に担当することもないので、100パーセントのパワーを一人の方に注ぐことができ、しっかりとしたコミュニケーションが取りやすいです。

ただ逆に考えると同時に施術することができないので、一日にできる人数は限られてきます。

また、メニューの変更などに対応することができない場合があり、そういった意味では融通がききにくいです。

 

・収入

単刀直入に書くと増えました。

美容師の平均年収って調べると273万らしいです。少ないですよね。

今までの僕の年収で考えても平均年収よりははるかにもらってたんですが、もぅ少し増えました。

 

でも「売り上げ」という部分においては確実に前よりも減っています。

売り上げは減ったけど収入は増えた。

 

雇われていれば100万の売り上げがあれば給料25〜30万くらいなのかな?これはサロンによっても多少違ってくると思うけど、大体これくらいだと思う。

フリーランスだと100万あればお店にかかる家賃や光熱費、通信費、雑費、設備費、材料費を抜いても手取りで75〜80万は残ります。(Greenの場合)

そこから年金や健康保険、確定申告の時にかかる所得税、個人事業税などを抜いても70万前後は残ります。

 

売り上げが50万なら固定、変動費を抜いて35万は残ると思う。

 

やればやるだけ収入も増えるのがこの働き方だと思います。

ただ、「安定」という部分においては皆無です。これは下記に記載します。

 

・安定はない

独立している以上「固定給」はありません。売り上げがなければ収入もない。完全歩合。

これは美容師さんならわかると思いますが、12月の売り上げと2月の売り上げって皆さんどうですか?

「うちは予約管理をしっかりしてて12月と2月の売り上げの差がそんなにないんです〜」ってお店(美容師さん)であれば問題ないかもですが、フリーランスだと総売り上げ=総収入になるので多分うん十万単位で変わってきます。

 

上記で収入が増えたと記載したんですが、じゃぁ今月も?って言われるとわかりません。

間違いなくいい時だけじゃないです。そういった「不安」と日々戦わなければなりません。

 

・体調管理が命

これは別にフリーランスだからって事はないんですが、一人でしてる以上ご予約の入っている状態で「休む」なんてことはできるはずもなく、体調管理に関しては今まで以上に気をつけています。

またどれだけ気をつけても、「予期せぬ怪我」なども生きる上ではあると思うのですが、これも死活問題です。

いざという時のリスクが高い。ここは本当に意識しておかないといけません。

 

・圧倒的に自由

とりあえず感じていることはやっぱり「自由」ってところです。

 

料金も使用薬剤も営業時間も休みも何もかも自分で決めます。

実はご来店いただいているお客様には伝えているのですが、シャンプーやトリートメントなどの商品をまだ扱っていません。

これに関してはまだ思考中なんですが、こういった所においても「お店の商品を売らないとダメ」だとか「ノルマ」的なものもありません。

 

もちろん全て自己責任ではあるのですが、「いつまでに何々をしないといけない」というような物事に囚われることがないので、時間的にも気持ち的にも圧倒的に解放されています。(だからってチンタラやってたらもちろんダメですけどね)

独立してすぐだからこそ、そう強く感じている部分はあると思いますが、何事にも縛られることが苦手な僕としてはこの自由な時間を有効に使っていきたいなと思っているところです。

 

 

くらいかな?

正直雇われていた時と比べてできなくなった事ってそんなにないんですよね。

個人的なとこで書くと今Greenには僕一人しかいないので、「孤独」と戦ってることぐらいですねw

 

あ、あと大事な事忘れてました。

 

・確定申告しないといけない

会社がしてくれてた事を自分でしないといけません。

僕は溜めると大変なのが嫌なのでこまめに帳簿をつけているのですが、正直できているのかできていないのかわかってません。

とりあえず税理士さんにはお願いせずに、自分でしてみようと思い、弥生の会計ソフトが手順にそって入力するだけで簡単。と聞いて導入したのですが、楽勝で難しいです。

ここは今後も勉強していかないとです。

 

 

今感じてる事や実際やってみてこうだったっていう事を書いてみたのですが、

気持ちの変化として大きく変わったのが、お客様に対する感謝の気持ちが前とは比べ物にならないくらい高まってるという事です。

当たり前ですが、お客様がいないと生きていけません。

また「サロン」という看板を背負ってない今、ご来店いただく方には「美容師」として選んでいただけていると思うので、こんなに嬉しいことはありません。

この感情を体感できることも独立の醍醐味だなと思います。

 

フリーランス美容師

働く環境も整ってきてる今、この美容室の飽和した時代に独立開業のリスクを考えると、僕はとてもいい環境だなと思います。

ただ、現時点で個人の指名が最低月100人以上、指名売り上げが60万〜70万以上はコンスタントに上がっていないと、フリーランスに転身してもしんどいと思います。

集客も全て自分。この1ヶ月で全くのご新規のお客様は6名でした。

 

フリーランスに挑戦する上で必要なのは「技術力」なのは言うまでもないんですが、あとは「覚悟」ですね。

 

これが僕がこの1ヶ月で感じた事です。

もっと詳しく知りたい!!って方は連絡ください。

僕の分かる範囲でお答えします。

 

お客様のために「本気」な美容師さんがもっと増える事を切に願っています。

 


 

久しぶりに真面目に書いたんだけど、文字数にして約3500文字。

この記事作るのに約5時間かかった。(あーしんどwww)

 

明日からまたゆるいブログ発信します〜

 

 - コラム