力加減って難しい | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



力加減って難しい

      2017/09/11

Pocket

 

新しいスタッフの新田さんが蛇口の音を静かにするアイテムを買ってきてくれた。

さすが女性だ。そこは僕、全然気にならなかったんだ。

新田さん
遊佐さーん。これつけてもらえますか?
音静かにしたいんです。
いいっすよー

 

僕は軽い返事をした。

もちろん付けた経験なんてない。

 

どうせこんなの力技でしょ??

 

くくくくく。

説明書なんて見る時間がもったいないよ。

そんなの見なくたって僕には力がある。

大抵の事はこの筋肉がなんとかしてくれるはず。

 

そうだ。

今までだって、そうやって1人で生きてきたじゃないか。

イージーイージー。

 

 

 

か…..かてぇ。

なんて硬いんだ。

でも、ここでできないなんて情けないことは言えない。

大口たたいてるからね。

僕はフルパワーを解放して作業に集中する。

やっとの思いで取り付けに成功。

 

 

 

ハァハァ。あぶねぇ。口だけの男になる所だった。

 

こう見るととても静かになりそうな予感だ。

もぅ蛇口をひねるのが楽しみでしかたないよ。

新田さん
水だして見ましょうよ。
いきますよー

 

静かに…..僕は蛇口をひねった。

 

 

 

 

新田さん
……….
……….

 

 

ぼ、僕のせいじゃない。

 

 

新田さん
遊佐さーん…..
……….

 

 

ぼ……僕の……せいじゃ…….

 

 

 

 - ブログ