大切なのは被ダメ対策 | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



大切なのは被ダメ対策

      2017/10/01

Pocket

 

僕はまた一つ「大人の階段」を登ろうとしている。

 

 

生命保険

実は僕、「無保険」ってやつなんだ。

今まで特に考えたこともなく、親も僕には一切かけていないので、

いわゆる「完全無防備」状態。

 

そんなデッドorアライブな人生を送ってきたんだけど、

最近になって考えるようになった。

もちろん独立したからっていうこともあるけど、

将来の事を考えると、やはりいざって時に誰も守ってくれないので、自分で守るしかない。

 

それに健康に気を使ってるっていっても人生何があるかわからない。

 

 

そんな話を極上のお肉を食しながら聞く。

 

特に僕は結婚もしてなければ、子供もいないので、正直いうと別に守るものもない。

ただ、まだまだしたい事もあるし、その為に「安心」を買う事もまた必要なのかと思う。

「死亡した時に〜」的な話はやはり現実味がなさすぎてあまり頭に入ってこないけど。

 

僕はこの世に生まれた時に絶対に完遂しないといけないミッションを背負って生まれた。

 

・親より長く生きる

これは僕の中で絶対だ。

今まではこんな事当たり前のように達成できると思ってた。

幸い今はいたって健康なんだけど、でもいつ何があるかわからないから。

 

だからって保険に入ったからって無敵になるわけじゃない事も承知だけどね。

基本的に今までは「いざって時が来たらその時に考える」という思考だったけど、こうして自分の将来の事も考えるようになるとは。

それだけ色々感じたり、先のことを考えてるみたいだ。

 

敵(病気)がどんな攻撃をいつどのタイミングで放ってくるかなんてわからないから、

プロテス、シェル、できれば鉄壁あたりも放っておきたい。

大事なのは回復ではなく、ダメージを負わないための被ダメ対策だ。

 

ということで、僕はライトニングのオーバーフロー奥義を手に入れた。

1玉で。

 

と、思ったけど、よくよく見たら超絶だった。

 

 - プライベート