えぇ!?帰っちゃうの?? | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



えぇ!?帰っちゃうの??

      2017/12/03

Pocket

 

仕事終わり、いつもはゆっくり片ずけてお店を後にするんだけど、この日は足早にお店を出た。

僕のブログにも何度か登場してる一級建築士の友達とご飯に行くためだ。

 

どうやら彼、年明けに地元の広島へ帰還するみたいなんだ。

帰省じゃなく帰還ね。

ってことは今までのように軽く飲みに行くって事ができなくなる。

同じ個人事業主仲間としてたまに会って話をするのがとても楽しかったので

残念ではあるけど、彼の新しい門出を応援したいと思う。

 

 

彼は僕の友人の中でもかなりストイックな性格をしてて、自分に厳しい。

これは昔からだ。

国家資格「一級建築士」って今は知らないけど、彼が試験を受けた時は合格率が10%なかったらしい。

10%って。

美容師の国家試験合格率って、全日制の学校に行ってたらほぼ100%だったんだけど…..

(今はしらないけど)

そんな難関を彼は一発合格。

笑いながら『俺は運が良かったんよー』って言ってたけど、んな事あるわけない。

 

どれくらい勉強したん?って聞いても、

『朝から晩まで、仕事の合間だって全て勉強に時間は使ってたよ。』

『そのせいで友達とも遊んでないし、プライベートなんて時間は一切捨てたけどねw』

って、その生活を何年も続けたと。

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ。

そんなアルミンの言葉を思い出した。

やることやってるくせに何が『運が良かった』だよ完全に実力だろうよ。

 

 

話を聞きながら「努力したなー」って感じてたんだけど、

そんな雰囲気を出さない彼を見てて、なんとなく気持ちがわかるような気がした。

 

僕の思う『努力』の定義って『したくないことをしないといけない時』に当てはまると思っていて、

僕自身、アシスタント時代は朝も練習して夜もずっと練習して、お金もなかったしプライベートなんて時間はほとんどなかった。

でも『努力した』って感情は全然なくて、しんどく感じることもあったけど、その先にしたいことや得たいスキルがあったからただがむしゃらに練習した。

だけ。

したいことしてるのに努力もへったくれもねーよ。って思ってる。

彼ももしかするとそんな感じだったんだろうか。

 

だから僕はそんなアシスタント時代よりも

コーラ飲みたいのに我慢してお水飲んでる時の方がよっぽど努力してるんだ。

もぅ努力でしかないよ。ほんと。

できるならコーラを片手にポテチを食べながらソファでゴロゴロしたい…..

 

まぁでも『頑張る=努力』と定義づけるなら、

努力をせずに試験に受かる人間もいれば、努力をしても落ちる人間もいる事を考えれば、彼の言う『運』も少なからずあるんだろう。

そうであるならあるで、その運を引き寄せたのは『自分自身』であると信じたい。

 

そんな彼が、独立祝いにって

 

『木』くれた。

なんとも彼らしい。余った木で作ってくれたらしい。

置物にしてもいいし、家でなんかに使ってもいいし、あとはご自由に〜と。

何に使おうかな。ちょっと考えよう。大切に使いたいと思います。

 

こっちで会えるの最後かもしれないけど、楽しい時間だった。

次は広島で会おう。

 

 - ブログ, プライベート