自分の色を出すということ | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



自分の色を出すということ

      2017/01/22

Pocket

 

 

ヘアセット。

 

デザインは

大きくは写真などで確認しながら決めるのですが

あとのニュアンス的なものは任せてもらうのが基本。

 

 

 

 

ヘアセットにおいて僕が大事にしていることは

  • 「どんなイメージになりたいのか?」
  • 「したいデザインは?」

ここです。

「可愛い」「綺麗」「上品」「かっこいい」などイメージもたくさんありますよね。

 

しかし

「なりたいイメージ」と「したいデザイン」が一致しないこともよくあります。

 

そんな時に

『あ〜このデザインだとイメージの感じにはならないので違うのにしませんか?』

なんてナンセンスですよね〜。

 

 

お客様のお顔立ち、雰囲気や洋服、髪の色などから

この二つをどう繋ぐのか。

 

 

ここにオリジナリティがあるのかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

「主張しすぎない華やかなイメージ」と「デザインはダウンアップ」

 

 

 

 

 

シンプルにまとめるのではなく

波ウェーブとねじり編みを取り入れたアレンジを。

 

言われたことだけではなく

オリジナリティを必ず出す。

(もちろん、「気に入っていただく」が大前提ですけどね〜。)

 

 

より感性を磨いていこうと思います。

 

 - ヘアスタイル