大型への道 | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



大型への道

      2018/06/05

Pocket

 

大型自動二輪への道がスタートしてます。

 

 

いやー懐かしい。

僕が中免を取得したのが、17歳の時だったので、あれから約15年も経ってます。

そりゃ全然忘れてます。

どうやら一度した事があるみたいなんですが、

「乗り方」から教わりましたw

 

これはもぅ仕方がないですね。

皆さんお車に乗られる時に、『ドアの開け方』なんて意識します?

しないですよね…..

 

先生『遊佐さん、まずブレーキを握り…..あ、しっかり4本の指で。そして…..あ、まだ座ったらダメです。先にスタンドを外してから乗ります。…..そうです。そしてエンジンをかける。(ブルルルん)…..あ、エンジンをかける時は先にミラーの位置確認をして、クラッチを握りながらセルを押しましょう。では、ここまでをもう一度してみましょう。』

 

ってな具合で「エンジン始動」だけでかなり難しいw

覚える事多すぎて大変だなこりゃ。

 

 

しかし教えてもらうというのは楽しいですねぇ。

久しぶりに教習コースを走るとワクワクしました。

一本道は特に落ちる事なく、S字、クランクなんかも一発オッケー。

波状路も難なくクリア。

 

簡単じゃーん….と思ってたら、どうやら僕はスラロームが苦手みたいだ。

あのコーンとコーンの間をクネクネぶつからずに走るやつね。

 

何度か『パコーンパコーん』と豪快に倒しました。

いやはや…..難しい。

 

 

プロテクターなんかもつけてしっかりガード。

さてさて、後10時間。

 

安全運転で頑張ります。

 

 - プライベート