安全性テスト | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



安全性テスト

      2018/06/06

Pocket

 

教習所に行った時に、

先日受けた「安全性テスト」の結果が返ってきました。

 

 

見た感じ中々良いのでは??

・運転適性度(1〜5の5段階評価)…..「5」

・安全運転度(A〜Eの5段階評価)……..「A」

素晴らしい。

16項目中14個は判定もB以上だ。

 

そんな中、「C判定」が二つ。

何が悪かったのか見ていこう。

 

1、【適応性】.….場面の変化に応じて適切な処置がとれる。

ほうほう。これは要注意だ。

場面の変化に対応できない事があるという事だね。

確かに少しテンパりやすい性格をしてるので、落ち着いた判断を心がけよう。

普段ninja400に乗ってても、やはり公道だと予期せぬハプニングが起きたりするからね。

大型のバイクだと車体ももっと重たいし、より気をつけないと。

 

2、【虚飾性】…..自分をよく見せようとして、背伸びをしやすい。

はは〜んなるほど。これは完全に自覚症状ありです。

すぐ調子に乗っちゃうんすよ。これは昔から。

というか、このテストってこんなのも出るんすねw

ほんと心理テストみたいに「この絵は何に見えますか?」

などを直感で答えただけなんだけど、面白い。

はい、身の丈にあった行動発言を心がけます。

(多分無理だけど)

 

後、最後の方に僕の性格を踏まえて

「安全についての注意点」を書いてくれているんですけど、

その内容が…..

 

 

(あなたは)非常にまじめか、やや背伸びをしたがる人です。

www

えぇそうです。

ただ少し違います。訂正すると…..

 

・非常にまじめで「尚且つ」背伸びをします。

そう。どちらか…..ではなく、どちらもですw

 

はい、ちゃんと自粛します。

 

 - ブログ