すき焼き | RYOHEI YUSA / 遊佐 涼平



すき焼き

   

Pocket

 

先日、

友人の結婚式の引き出物で届いた『すき焼き鍋』をついに使うときが来ました。

 

いつかの記事にも書いたんだけど、

ほんとは中華鍋が欲しかったんだけど、

まさか第二候補になるとは思わず、適当に書いたすき焼き鍋。

せっかくなので使うことにする。

 

 

しいたけ多め。

よくよく考えたら、今まですき焼きを

ちゃんとすき焼き鍋を使ってしたことがないかもしれない。

 

あまりそういう所にはこだわらないタイプです。

でも鍋に具を装ってたらなんかすごい「らしく」なってきて、テンション上がった。

 

早速完成。

 

 

お肉は牛じゃなくて豚。

理由は簡単。安くて量が入ってるから。

基本的に味が同じなら牛も豚も一緒だと思ってます。

絶対違うんだろうけど。

 

めちゃくちゃ美味しかった。

すき焼き鍋を使ったことでわかったことは、

「らしくなってテンションが上がる」ということw

 

しかし、相変わらず量が多い。

中々一人分を自炊するって難しい。

特にすき焼きとか鍋とかね。

みんなはどうしてるんだろう。

おでんとかも作ったらそこから三日間はおでんだもんね。

 

もちろんこの日から二日間すき焼きでした。

まぁ美味しいから全然いいんだけど。

 

このお鍋…..

これ以外に何か使い道はないんだろうか。

 

 

 - プライベート